テレトップ 株式会社 テレトップスタジオ
ホーム HOME 会社情報 company 最新情報 NEWS 地図 MAP プロジェクト PROJECT
テレトップスタジオ
NTCSとPAL

ここはFAQであり忘備録でもあります。
念入りに調べてはいますが、間違った情報や古い情報がある可能性があります。
気付いた方はメールでサイト管理者の 内藤までお知らせ下さい。
その都度直して完ぺきな物にしたいと思っています。

仕事以外の情報も載せちゃうかも知れません。

25フレームを24フレームに変換

25pPALの映像をNTSCに変換するといろいろやっかいなことになりますよね。
今は優秀な変換器がとても安く手に入るようになりましたが、そこはどう足掻いてもフレームの数が合わないんだから
どうにもならない部分は出てきてしまいます。

じゃあ実際どんなことになっちゃうんでしょう??

10秒間のキャラ映像を作って変換しました。普通の映像だと判りにくいですから。

どんなことになっているか見てやって下さい。

動画の設定がよく分からず(^^ゞ再生まで少し時間が掛かります。
なんとか直しますので、それまで我慢して下さいませ。


PALの映像ファイルを国内で再生するために変換します。
フレームレートの近い24pに変換します。
25pは24pに対して1秒あたりに1フレーム画が多いので、フレームをダブらせて
25フレームを24フレームに直します。(変換器が勝手に計算するんですけど・・)

試しに途中で止めてみて下さい。
右の数字が綺麗に見えたりブレて見えたりしてますよね。
25フレームを24フレームに直す際にフレームをダブらせているので当然
尺は変わりません。 1時間の物は1時間です。

優秀な機械は、カット変わりの部分でこのようなダブりが出ないように前後のカットの
ダブり状態を調整してカット変わりにダブりが出ないように調整してくれます。

でもこれだと移動するような動きが多いと、映像がブレて見えますよね。
こちらの映像を同じように途中で止めていて下さい。
どこで止めてもダブりがないと思います。

どうやったかと言うと、24pに対して1枚多い25pの映像の最後の1フレームを
次の秒に繰り下げたのです。
繰り下げているのでフレームの構造は25pとまったく変わりません。変わらないからダブりません。

ちょっと待って下さい。変ですよね。1フレームずつズレちゃいますね。
そうなんです。1秒に1フレームずつ延びちゃうんです。これが
4%も。

100分の映像が104分になります。音はどうなの!?
音は遅くなるのでピッチが下がります。4%。
絶対音感がある人は気持ち悪い?
う〜ん。どうしましょ。

「ダブりフレームがあると素材受け付けない!」なんて言うどこかのネット系TV用には
良いと思います

25pを29.97i等に変換する場合、25pを一度24p(23.98Psf)に変換します。そして23.98Psfから29.97iに変換します。
24pや23.98Psfから29.97sfの変換は2-3プルダウンで変換します。